バルスイバラモエビイソマグロの群れオシャレハナダイミジンベニハゼのペアツユダマガイ

スポンサーサイト

--.--.--(--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


写真 | 壁紙 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

浄蓮の滝

2008.03.08(10:10)
P3070340.jpg


今回の休みは日帰りで天城へと日帰り撮影ぷち観光旅行に行ってきました。

目的は一応最初は八丁池だったのですが、
先に立ち寄った浄蓮の滝に思いっきり刺さってしまって、
あっという間に2時間経過。

八丁池までは徒歩でしか行けない上に、
往復4時間かかるので今回は見送ることにしました。


変わって行ってみることにしたのは二階滝。
ここも浄蓮の滝同様に美しい滝でした。
他、修善寺の温泉街にある竹林の小径と、
修善寺梅園を観光旅行して今日は終了です。

P3070369.jpg


この浄蓮の滝の滝壺は、なんと水深20mもあるのだとか。
もう充分潜ることができますね(笑)
浄蓮の滝の滝壺や、下の渓流では、
お金を払えば釣り竿を借りてマス釣り・アマゴ釣りをすることもできます。

水の青さもハンパなく、
こんな美しい滝壺は初めて見ました。
透明度は20m以上ありそうです。
写真左側上部のハイコモチシダは天然記念物だそうですよ。


水中から滝を撮ったらおもしろいんだろうか・・・
滝を前にするといつも気になるテーマです。
たぶん泡で真っ白だから写真にならないと思うのですが、
半水面だとおもしろいのか???


ちなみに浄蓮の滝の滝壺の水は、
足がちぎれるかと思うように冷たかったです。
こりゃしもやけになるかな~。

撮影は左奥からだとやや逆光で難しいです。
ぬるぬるする茶色の物体が岩にへばりついていて、
かなり滑ります。

反対の右奥からだと滝が隠れて構図がいまいちですね。
みなさんも天城越えの歌碑の下に降りる際は、
くれぐれも気をつけて降りてくださいね。


付近にも観光名所が多いので、
ゆっくりするときは天城行きは泊まりのほうが、
撮影旅行にはいいいのかもしれませんね。
修善寺、湯ヶ島、河津などが最寄りの温泉旅館です。


================
被写体:天城 浄蓮の滝
使用機材:オリンパスE-410
使用レンズ:zuikodigital 14-42mm
================
スポンサーサイト




<<河津七滝 大滝 | ホームへ | 河津桜3 夜桜>>

コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://saysea.blog50.fc2.com/tb.php/45-5c67acf6
| ホームへ |
カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


プロフィール

saysea

Author:saysea
安良里ダイビングセンタースタッフの中野の写真ブログでした。

水中写真ガイド
水中写真ガイド

最近の記事
カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。