バルスイバラモエビイソマグロの群れオシャレハナダイミジンベニハゼのペアツユダマガイ

スポンサーサイト

--.--.--(--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


写真 | 壁紙 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

奇跡の海

2008.10.29(06:21)
昨晩、散々悩んだあげく行ってきました神子元島。

前回のダイビングがまずまずの結果だったので、
今シーズンの締めくくりとしては上々と思ってました。

・・・でも行っちゃった
だって毎日出てるんですもん。
ちなみに毎日同じピンポイントの場所で見れているそうで、
今日も3ダイブ全部同じ場所でハンマーゲットとなりました。


1航海目:カメ根
同船して先行した南伊豆のショップ、トレジャーハントさんのチームは群れ群れ。
50匹はいたそうです。

こちらが少し遅れてハンマーのランデブーサイトに着いたときには・・・
1本目はハンマー単体途中でゲット。


2航海目:ジャブ根
心地よい下り潮を受けながら南へ南へ・・・
やはり先行していたトレジャーハントさんたちとランデブーサイトで合流。

進路を同じく中層へと繰り出すと、トレジャーハントさんのベルが一瞬、鋭く鳴ります。
指さす先には7匹のハンマーの小群れ。
今から行っても追いつけないので遠くからチラ見。


その後自分のチームとトレジャーハントさんの間に位置し、
幅広くハンマーサーチ。

さらにずんずん進んでいくと、
またもや右前方のトレジャーハントさんのベルが!


近づいていくと、彼らのフィンの蹴り方がハンパじゃない!
こちらにも伝えようとけたたましくベルが鳴り響きます。
これは群れ群れに違いない!!


西から東への下り潮がかかっているので、
南へ進路を取っている状態で右前方へと進むと、
潮にやや逆らう形で進むことになります。
前方に鈍く銀色に輝くハンマーの群れの存在がぼんやりと見えます。


ハンマーの大群1


・・・ダメだ!
足りない!
全然スピードが足りない!!

ここが勝負所とばかりにワープフィンを思いっきり蹴り込むも、
流れがきつく、まるで体に潮がまとわりつくかのようで遅々として進みません。
このままではフィッシュアイレンズの射程まで充分に近寄ることができない!


ハンマーの大群2


まだ遠い!
遠すぎる!!

気持ちばかりが焦ります。
全力でフィンを蹴り込みながら、 良い方法がないかと必死で周りを見渡します。
ふと下を見ると、体のすぐ下に根があることに気づきました。
藁にもすがる思いで根の岩をガシガシとつかみ、
ひたすらがむしゃらに体を前へ前へと進めます。
途中左を振り返ると、ちゃんとチームもこちらへ向かって来ているのが見えました。

・・・もはや後顧の憂い無し!
フィンか足か心が折れるまで、ただ一歩でも前へ進むのみ!!


ハンマーの大群3


・・・そして奇跡が起きました。
水路状の地形の中層を群れる、ハンマーたちのそばまで辿り着けたのです。

恐らく下り潮を切り裂きながら50m以上ダッシュしていたでしょう。
ハンマーが流れに逆らって下り潮を上って行っていたのが幸いしました。
たぶん、中層を泳ぐハンマーよりも、このわずかな瞬間だけは、
根を駆けるように進んだこちらの方が早かったのです。


鉛のように重くなってきた足にもう一度再び力を込めて、
さらに全力で体を前へ進めながら、
あおり構図にするために露出をあらかじめ測定していたアンダー目に変更して、
間髪を入れずにこちらもハンマーが待つ中層へ飛び立ちます。


ハンマーの大群4


前へ!
前へ!!
一歩でも前へ!!!


ハンマーの大群5


するとなんとフィッシュアイで群れが入りきれないほどに近寄れました。
信じられない思いで、一瞬呆然と2~3m先の目前の群れに見とれました。
手も足も瞬間止まり、立ちつくしてしまいました。


ハンマーリバー


そこで我に返ると、以前から何度も何度もシミュレートしていた撮り方、
上下反転して仰向けになって泳ぎながら群れの真下へと入りました。

美しいフォルムの群れがゆっくりと潮上へと泳いでいきます。


・・・至福の一時でした。
もはや言葉は要りません。

神子元、最高です。
トレジャーハントの土屋さん、ありがとうございましたm(_ _)m


(補足)
ちなみに蛇足ですが3航海目のカメ根。
やはり先行したトレジャーハントさんたちは50匹ほどの群れを見たそうです。
こちらのチームはパラパラと単体を・・・。


・・・あれ???ってことは何ですか?
1本目と3本目は、同じ場所に少し遅れていったので、すでに群れを蹴散らされていたってこと???(笑)
スポンサーサイト




<<晩秋の滑沢渓谷 | ホームへ | 虫の目レンズの魚露目8号で水中写真 オルトマンワラエビ>>

コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://saysea.blog50.fc2.com/tb.php/60-00dc67bf
| ホームへ |
カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


プロフィール

saysea

Author:saysea
安良里ダイビングセンタースタッフの中野の写真ブログでした。

水中写真ガイド
水中写真ガイド

最近の記事
カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。