バルスイバラモエビイソマグロの群れオシャレハナダイミジンベニハゼのペアツユダマガイ

スポンサーサイト

--.--.--(--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


写真 | 壁紙 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

柏島のお話1

2006.03.22(20:55)
kashiwajimanoryoushisan.jpg


ちょっと地元話から脱線して、柏島時代のお話でも。


写真は毎年、夏の7月ぐらいから9月頭まで、高知県須崎市あたりからやってくる漁師さんたちです。マグロの子供のことを高知では、体の横に模様が入ることからヨコ(またはヨコワ)と呼ぶのですが、そのヨコを専門に釣りに来ます。

沖合いに出て行くので、台風のうねりが入っているとアウト。
2~3日滞在していることもあります。反対に、1人で操船している漁船で寝泊まりしているので、台風が近づきそうだとすかさず避難しちゃいます(^_^;)
何度か魚をいただいたことがあるのですが、最後にお礼をしようと同僚のガイドと、漁師さんが地元へ帰るという9月4日に備えて準備していたら、台風が接近するとわかったとたんに翌朝にはいなくなってました(笑)またそのうちお礼をしに行ければいいですね。

マグロの子供は1匹1,500円程度で取引されるのだそうで、これを柏島の業者が円形のマグロ養殖場で大きくするのだとか。中にはもっと大型の養殖場がある地域へ搬送される場合もあるそうです。

成長した養殖クロマグロは、50万ぐらいで取引されると聞きましたが、もちろん途中で脱落してしまう個体も多く、すぐ隣の竜の浜というダイビングポイントでは、たまに1.5mほどもあるマグロが捨ててあったりもしました。

台風のあとには網が破れていることもあり、後浜での目撃例もありました。見た人曰く、弾丸のようにすっ飛んでいったとか。『マグロは時速180キロで泳ぐ』という本がありますもんね(笑)柏島で潜る際はおみやげに1本いかがですか^^

スポンサーサイト


<<新しい家族 | ホームへ | アズマハナダイ2>>

コメント
うわ!
素敵な笑顔ですね!!!
いいな。。
元気でますね!
【2006/03/23 12:29】 | ruri #- | [edit]
>ruriさん
中国やインドネシアにも船から下りずに暮らす人々がいますよね。この漁師さんたちもそれに近い感じでした^^

こんな人たちでも船から下りたらしばらく揺れてるのかな?
【2006/03/23 21:07】 | say-sea #zWsmLm9o | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://saysea.blog50.fc2.com/tb.php/9-1d729542
| ホームへ |
カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


プロフィール

saysea

Author:saysea
安良里ダイビングセンタースタッフの中野の写真ブログでした。

水中写真ガイド
水中写真ガイド

最近の記事
カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。